私の好きな食べ物は、カニです。カニは子供の頃からの好きな食べ物で、両親が好んで食べるのも影響しているのかもしれません。とは言っても、いつも食べられるわけではなく、お祝い事な記念日などに食べるイメージでした。
実家を出た今では、たまに実家に帰ると、好きなものということで、両親は、カニを食べさせてくれます。
カニを食べると、みな、無口になり、食べるのに集中します。
やはり、他の食べ物にはない独特の魅力があるように思います。味が美味しいのは、もちろんのこと、あの硬い殻を苦労して剥かなければならないというのも、食欲を駆り立てます。

私は、いろんなサラダが好きです。大きなサラダボールにいっぱい、野菜がのっていると幸せな気持ちになります。全部食べきると、満腹感もあって、お腹の中が、サラサラになったような気がします。レタスを敷いて、四季の野菜を盛って、好みのドレッシングをかけていただきます。
ブロッコリーやカリフラワーを茹でて食べきってしまうと、お腹がいっぱいになります。よく家族から、顔が緑色になるぞって言われたりします。夏は茄子を揚げてサラダにしたりします。その時々の季節野菜をいただく事が一番美味しく食べられるとおもいます。いろんなサラダを作りたくて本を見て勉強中です。

私の大好物は何と言ってもカニ鍋です。
たっぷりカニと野菜を入れて、塩だけでシンプルに味を整えた鍋は、カニの甘みのある独特な肉の美味しさを十二分に引き立て、カニの旨味が野菜の旨味と溶け合い一つになった汁は、鍋料理の中でも極上の味。
シメにご飯を入れるとご飯の味で汁の味が濁るので、私はうどんでシメます。

カニは高いのでボーナスが出た時くらいにしか食べられませんが、冬のボーナスが出る時期はまさにカニの旬ですし、体の温まる鍋が有り難い季節です。
カニ鍋は年に一度の贅沢、毎年の楽しみとして、私の中で不動の地位を得ています。

納豆キライなんです。

私の地方では、あまり食べる習慣ないんです。
でも、家族は関東にいたこともあり食べていました。
しかし、私は食べられません。
今は、納豆菌の研究でさまざまな種類の納豆がこちらでも売られています。
高いものから、特売品まで選択肢はたくさんあります。
菌の研究がすすみ、においの少ないものもありますが、やはり食べられません。
特に苦手なのは、まぜるときのにおいとネバネバの食感です。
世の中には、ネバネバ食品も多いですね。
納豆のネバネバは、他と違っている気がします。
洗う時にも、においのネバネバはしつこいです。
健康にいいものとは知っていますが、私は人生で食べることはないと思います。

私の食べ物の好き嫌いは少し変わっているかもしれません。
ピザにトッピングされているチーズは好きですが、6Pチーズなど固形のチーズは食べれません。
山芋をすってご飯にかけて食べるのは好きですが、納豆やオクラ、ネバネバした食べ物は嫌いです。
そこまで嫌いな食材はないのですが、料理の仕方によって食べれない物が多い気がします。
納豆も納豆巻きならどうにか食べれるのですが、ご飯に混ぜる食べ方はできません。
味は変わらないのに…
少し変わっているかもしれませんが、子供もいる今何でも食べれるように克服していきたいと思います。

福岡出身の筆者がオススメするのは「水炊き」です。福岡県人は冬になると食卓に上る回数も多いのではないでしょうか?
福岡に来た観光客の方がお店に水炊きを食べに行ってらっしゃいますが、福岡県人の感覚では水炊きはお店で食べるものではなくて、家庭で食べるものです。
私自身お店で水炊きを食べたのは1度しかありません。しかも、特に食材が高級なものではないのに値段が高い!
まー観光客狙いの商売ですね(笑)

普通に骨付きの鶏肉を水で煮て白菜、春菊、シイタケ、エノキ、マロニー等を大根おろし、ゆず胡椒のポン酢で食べればお店に行く必要ありません。
十分においしい水炊きがお家で食べられます。しかも簡単で経済的です。

その日は唐突に訪れました。「俺グルテンフリーする」と主人の一言。
最初は何事かと思いました。そもそもグルテンフリーとはなんだ?という疑問からネットでたくさん調べました。
グルテンフリーとは小麦粉に含まれているグルテンの事で、過剰摂取をずっと続けていると、アレルギーを起こしたりすることもあるそうです。
小麦アレルギーの方がその小麦の中に含まれているグルテンに敏感に反応するそうです。最近ではアスリートもグルテンフリーを取り入れている方が多いそうで、
有名な方だとテニス界のジョコビッチ選手が本も出されています。主人も元々アスリートだったので(学生時代ですが)身体には人一倍気をつけるところがあり、
突然言い始めたのです。一度決めたら必ずやり通す頑固な主人。一方大好きなパンやパスタがたべれない生活なんて考えられないと落ち込む私。
とりあえず主人の押しに負け1ヶ月だけでもやってみよう(多分主人は1ヶ月ほどで飽きてやめるだろう、と思っていました)続けていくうちに体調の変化に気付きました。
まず眠りにぐっすりつけること、そして朝起きるのが辛くなくなり、グルテンフリー生活がこんなにも身体にダイレクトに影響したことに驚きました。
あれから半年。まだまだグルテンフリーを継続中です^^大好きな食べ物を辞めた代償にとっても身体の調子が良くなり、今ではグルテンフリーを教えてくれた主人に感謝です^^

人の家に泊まりに行くときに朝ご飯まで御馳走になることがあるのですが
トーストにハムエッグ、サラダ、コーヒーと言うお宅があります。

私は卵料理が大好きで卵を良く食べるのですが火が完全に通っているものでないと食べられないのです。
生卵や半熟卵はどうにも身体に受け付けなくて、食べると身体がかゆくなってしまいます。

お友達のおうちに泊まると親切心で朝食を作ってくださる方が多いのですが
割と半熟のハムエッグを食べているご家庭の人が多くて
善意の気持ちを受け取ることが出来なくて申し訳ないです。

せめて卵料理を作る前に半熟卵は食べられる?と聞いてくだされば良いのですが。

隕石が落ちてくる、ゾンビに街を占領された、はたまた急に病気になり余命1日。
そうなったとき皆さんは何が食べたいですか?
私はお寿司一択です。
それもマグロ。マグロ1匹食べたいです。
まずは赤身を頂いて次に大トロを。
ちょっと脂っこいなと感じたらガリをひとつまみして中トロへ。
そしてまた赤身にもどり、次はネギトロを。
漬けもまた捨てがたい。
そしてなによりも食べなくてはならないのはマグロの脳天。
上品な脂が口の中でとろけてもうたまらない!!
カマなどの部位も綺麗に焼いてちまちまつまみたい。
そこに日本酒なんかあったら尚いい。
マグロを1匹食べ尽くす。
夢ですね…。

私が好んでよく食べているものはパスタです。生パスタがあれば最高です。家でもたまに作りますが、プロの味とは比較になりません。初めて生パスタを食べた時、もちもちの触感に驚きました。店員さんが「お早めに召し上がってください」というのも頷けます。
特に、クリームソース系が合うと思っていますが、他のソースにもチャレンジしたいです。外食時、特にランチはパスタ屋さんに行くことが多く、専門店ではなくてもパスタがあれば注文することが多いです。最近では、さらりと手軽に食べられるコンビニのパスタも美味しく頂いています。